ホーム | 善正寺facebook | メール
ブログ
群萌の会〜春の定例会〜

善正寺群萌の会、春の定例会が開催されました。
法話は新潟市の今泉温資先生です。現在三条教区の御遠忌真っ只中でお忙しいなかお越しいただきました。

  
次回の群萌の会は、夏の奉仕作業、BBQです。

砂場の枝垂れ桜2015

砂場(旧善正寺跡)の枝垂れ桜を見に行ってきました。

今年は例年よりもかなり早い開花となったようです。
例年では4月下旬から5月上旬にかけて咲いておりました。

3年前の今日の記録では、海川沿いの桜(山風により開花が他と比べて遅い)が7分咲きくらいでした。
今年はもう既に散り始めています。

IMG_3001[1]IMG_3002[1]
IMG_3003[1]IMG_3004[1]
正面から撮る場合は太陽の位置関係から、朝方が最もベストです。
逆に夕方頃になると、反対側から撮るのが良さげです。
日中の日が高いときは、桜の色が映えませんね。

春の息吹

大和川の境内の枝垂れ桜が咲き始めました。山の方はまだまだ雪が残っており、本家の方の開花はまだしばらくありそうです。

山の田んぼでは、あちらこちらで除雪をしていました。田植えを早く始めるには必要な作業なのです。

IMG_2968.JPG
IMG_2969.JPG
IMG_2967.JPG

まだまだ春は遠い・・?

先日、早川の奥深くの集落でご法事がありました。
この集落の老人会では、先祖の法名を一貫代の軸にまとめて書き連ね、集落の皆さんで一緒にご法事を勤めることを代々行ってきました。
私が住職となってから初めておつとめさせていただきました。

桜の開花の様子が日本各地から届いていますが、早川の山奥はまだまだ冬景色です。
お寺のある海岸地域とは全く様子が異なります。
この日も山の方は雪が降っており、何も考えずにいつも通りの”雪駄”を履いて家を出てしまい、
雪よけのついた”冬用の雪駄”を履かずに出てしまったことを後悔しました。

まだまだ糸魚川の季節を甘く見ているなと、自分を戒めずにはいられませんでした。

そして今日も雪がちらついていました。

↑ページトップ